デジカメが主流だからこその悩み

ひと昔前はインスタントカメラで決められた枚数しか撮影できませんでしたが、今はデジカメが主流ですので何枚も撮影してしまってキリがないですよね。特に子供が生まれると、可愛い我が子の歴史をたくさん保存しておきたいという気持ちに駆られてしまいます。デジカメのデータにはたくさん残っているけれど、写真として保存していないというママも少なくないようです。しかし、データはいつ消えてしまうかわからないものです。たくさんの思い出が消えないように対策を立てていきましょう。

フォトブックで思い出を1冊にまとめる

昨今ではスマートフォンやPCから簡単にフォトブックを作成することができます。デジカメやスマートフォンの中の写真を選択し、後は簡単にレイアウトするだけで子供の記録を1冊のフォトブックにすることができるのです。季節ごとに作成したり、イベント毎に作成することができるので、ママにも大人気のサービスになっています。アルバムなどのように嵩張るものではないのが魅力。値段は数百円程度から作成できるので、写真をプリントするよりも安く抑えられるかもしれません。

1年間の思い出を1冊のアルバムに残していく

子供を撮影したデジカメのデータを全てプリントしようとすると相当な量になるというママも多いでしょう。同じアングルやシチュエーションで撮影した写真はそう何枚も必要ないのですが、データを消してしまうのは惜しいと感じてしまうのが親心というものです。データはSDカードやDVDディスクなどに保存しておきつつ、1年間の傑作のみをプリントアウトし、アルバムにしておくということをおすすめします。アルバムが年々増えていくことで、子供の成長を感じることができますし、万が一データが消えても手元に写真は残ります。

フォトブックはデジカメで撮った写真を利用して作る、オリジナルフォトアルバムです。専用ソフトで手軽に自分好みの写真に編集できます。恋人と家族やペットなどと一緒に撮った写真で、思い出の一冊が残せます。