煙じゃなく蒸気を吸い込む

従来の煙草は、葉に火をつけてその煙を吸って楽しみます。ですが電子タバコの場合は煙ではなく熱によって気化した蒸気を吸い込んで楽しみます。電子タバコの本体は電源を付けると電力で加熱されます。その熱でタバコ葉が熱せられ蒸気が発生します。蒸気による煙のため匂いが残りにくいため、周囲の人への配慮にも繋がります。また、蒸気のため体に対して害のある物質が少なく、健康面で気になる人も電子タバコに乗り換える人が増えています。

色々なフレーバーを楽しめる

電子タバコはリキッドと言う香料を使用していて、煙草にはない様々なフレーバーを楽しむことが出来ます。メーカーによってリキッドの種類は様々ですが、例えば従来の煙草により近い味を再現したフレーバーは、今まで煙草を吸っていた人にも違和感なく楽しむことが出来ます。他にも刺激のあるメントールタイプやチョコレートのような甘いフレーバーのリキッドまで存在します。好きなフレーバーだけ楽しむのも良いですし、気分に合わせて別のリキッドにするなど、自分好みの吸い方を提供してくれます。

有害な物質が少なく体に優しい

従来の煙草は、葉を燃やす時に葉の中に含まれる人体に有毒な物質が発生します。この物質が吸う人だけでなく周囲にいる人にも副流煙で体内に入ってしまうことがあります。電子タバコの場合、葉を燃やさず加熱するので有毒な物質が発生しません。また、煙も蒸気のためすぐに消えてしまうので、周囲への影響も少ないのが特徴です。ただし、使用するリキッドによっては有害な物質が微量に使用されている場合もあるため、気になる方は成分を確認してから試しましょう。

vapeとはリキッドと呼ばれるフレーバー付きの液体を電気を使って熱し、発生した水蒸気を吸って楽しむ電子タバコです。日本のリキッドにはニコチンタールは含まれず、リラックス目的の利用者も増えています。