カジュアル時計は性別を問わない

時計はブランドものからノーブランドまで、様々な種類が販売されていて価格もそれぞれ異なり、自分にはどんな時計が似合うのかよく分からない、という方もいますよね。携帯電話が普及してからは時間の確認に時計を使用する方も少なくなり、時計の需要としてはファッション的な意味合いを持つシーンも多く存在します。ベルトの素材も革や金属、ラバー素材などたくさんあり、カジュアルなアイテムとして身に付けたい時は、ベルト部分がラバー素材や布でできているものがお勧めです。

カジュアル時計は性別にとらわれない魅力もあり、カラフルな時計や個性的な時計などカジュアル時計ならではの楽しさを満喫することもできます。また、比較的低価格の時計も多く、気軽に購入することが可能ですのでカジュアル時計が好きな方は、時計を何本かストックしておくと時計をファッションや気分に合わせることもでき、普段使いにも役に立ちます。

男性の時計は革?金属?

では、男性が身に付ける時計となった場合はどうでしょうか。特に男性はビジネスシーンでの印象としては、時計をしている人は仕事ができそう、という良いイメージを持たれることも多く、社会人になったら一つはビジネス用の時計を持ちたいところです。ビジネス用の時計には、ベルトが革のものと金属のものが主流となっていますが、皮ベルトの場合は着け心地も軽くて上品な印象もあり、金属アレルギーの方も安心して付けることができるアイテムです。一方、金属ベルトの時計は重厚感があり男性らしい力強さをアピールすることできます。金属は、汗や水にも強いためビジネスシーンでは特に重宝し、丈夫というメリットもあります。

なお、時計はアナログ時計とデジタル時計に分けられますが、ビジネスの場ではアナログ時計の方がスーツに合いますので、選ぶ時は注意が必要です。

アクセサリー感覚で楽しめる

女性の場合も、男性と同様にビジネスシーンでの時計の着用は好感度も高く、きちんとした印象を人に与えることができます。皮ベルトの時計を選ぶのであれば、カラフルなものよりも控えめな色合いの方が、清潔感もあり色々なファッションにも合わせやすいです。金属ベルトの時計の場合は、女性用はアクセサリー感覚で身に付けられるものも多く販売されていて、ピンクゴールドやシャンパンなどの色は女性らしさも演出してくれます。ちなみにゴールドは主張が強すぎるので避けた方が無難、他の色を選ぶのであればシンプルな色合いのシルバーが良いでしょう。

女性用の時計はビジネスシーンだけではなく、プライベートにも応用できますので、これぞと思った時計でビジネスもプライベートも楽しんでみてはいかがでしょうか。

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は、1868年スイスのシャフハウゼンでアメリカ人により創業された高級時計メーカーです。様々なラインナップがあります。